アロマで赤ちゃんにも安心な虫除けスプレーをご紹介♪

夏

これから夏休みに入りますね

キャンプや外遊び、お祭り等何かと野外イベントが楽しい季節になりました。

蚊に刺されてかきむしってしまうお子様もいるのではないでしょうか。

私も毎回蚊に刺されやすく搔いては後になってしまいます。

本日は虫さされから赤ちゃんを守るアロマをご紹介いたします。

蚊よけスプレーの危険性とは?

蚊よけスプレーは体にどのような害があるのでしょうか?

体によくないとは何となくわかるけど、、、。少し詳しく見ていきましょう。

虫除け剤のディート!!

実は結構危険なものらしいです。

ディートはもともと米軍が開発したもので複数の化学薬品と併用し、センチの兵士の虫よけとして使われたそうです。

湾岸戦争後、帰還兵やその子供に神経障害が起こり、様々な原因はあるがディートも原因の一つではないかと考えられているとか。

ディートは口から入る方が体への影響が大きく、一度手に塗ったほうがいいといわれています。

体につけるものだからこそ天然の安全なものを使用したいものですね。

防虫効果のある成分はシトラール・シトロネラール・シトロネロール・カンファー等

エッセンシャルオイル

アロマの精油にもいくつか蚊よけ対策のできるものがあります♪

防虫効果が期待できる精油をいくつかご紹介します♪上記の成分が入っている精油を選ぶのがポイントです♪

  • ローズマリー
  • ペパーミント
  • ユーカリ
  • ラベンダー
  • ゼラニウム
  • レモン
  • レモングラス
  • ローズオットー

一部をご紹介しました♪

レモンやユーカリは皮膚刺激や光毒性といってシミの原因になったりすることがございますので使用する際は直接体につけず、

ティッシュやコットンなどに含ませベビーカーに忍ばせると良いですね♪

スプレーの作り方

  • 50mlスプレーを作る場合
  • エタノール5ml
  • 精油3~20滴程度※1%濃度は6滴以下
  • 精製水45ml

①スプレーボトルにエタノールを入れ、精油を垂らし、容器を回しながら混ぜます。

②精製水を入れよく混ぜます。

③ラベルなどをスプレーにはります。

使用する際は毎回よく振ってから使用し、2週間ほどで使い切るようにしましょう♪

使用上で注意すること

体にスプレーする場合、3歳未満のお子様にはつけないようにしましょう。

大人の方もまずは1%濃度(今回のスプレーボトルには6滴以下の精油)から始めましょう。

といっても、蚊よけ効果は「芳香成分」にありますので、虫は香りが強い方が嫌います。

少し濃いめのスプレーを作ったら、洋服の上やベビーカーの周りに振りかけてからお散歩する等、直接お肌につけない工夫をしてください♪

 

最後に

いかがでしたか?

虫除けも手作りスプレーでアロマライフを是非楽しみましょう♪

赤ちゃんや小さな子には直接つけないことには注意して、洋服の上やベビーカーの周り等にスプレーして蚊よけ対策をしましょう♪

 

 

🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸
aromariya spa
北九州市小倉北区 スピナガーデン大手町すぐ プライベートサロン
ご予約・ご質問は【ライン@より】ライン@ご登録はこちら
登録特典→初回で使える500円OFFクーポン
🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸