アロマの香りでモテ女子に!女性ホルモンにおすすめの精油3つをご紹介!

女性

癒やし効果やリラックス効果が期待できるアロマテラピー。誰でも簡単に日常生活に取り入れることができ心豊かな生活を送ることができる、今のストレス社会にとても人気を集めています。
アロマは心身に様々な効果をもたらしてくれます。今回はアロマの香りがもたらす女性ホルモンへの影響についてご紹介します。

そもそも女性ホルモンとは?バランスが崩れるとどうなる?

女性

この女性ホルモン、卵巣でつくられる代表的なものがエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の二種類があります。

<エストロゲン>
女性らしい丸みを帯びた体つきをつくる時に重要。
9歳前後で分泌し始め、20代半ば~30代前半がピーク、40代で分泌が急激に低下。エストロゲンの分泌が低下すると更年期障害などの原因になる。

<プロゲステロン>
受精卵の着床と妊娠の継続にとても重要。
生理前にイライラしたり、肌荒れしたり、むくみやすかったり、ひどいとPMS(月経前症候群)を発症してしまう。
妊娠をのぞんでいる方には必要なホルモンだが増加しすぎると体に不調をきたすホルモンなのです。

香りのメカニズム

脳

匂いをかぐことで脳が科学情報を電気信号にかえ脳の奥、大脳辺縁系へ伝達します。
自律神経、内分泌系、免疫系に情報を伝達することで生理効果が表れます。
大脳辺縁系に届いた香りの情報は、人間の体温調節や生態系の働き自律神経、内分泌系、免疫系のバランスを一定に保つ「ホメオスタシス」に影響を与えるので自分にとって安らぐ心地の良い香りは心身のバランスを保つのにとても重要ということです。

おすすめの精油

エッセンシャル

<ゼラニウム>
・香りの特徴・・・ややローズ調
・効果・・・むくみ解消やセルライトにも効果的でオイルトリートメントとの相性が良い。ゼラニウム精油の香りで唾液中の女性ホルモン、エストロゲン が上昇したという報告有。
・美容・・・皮膚のコンディショニング材として化粧品に用いられている。

<ローズオットー>
・香りの特徴・・・香り立ちが華やかでややフルーティー
・効果・・・生理不順や更年期障害、PMS(月経前症候群)等の女性特有の悩みを解消してくれる。唾液中の女性ホルモンエストロゲンが上昇したという報告有。
・美容・・・コラーゲン生成促進作用がありスキンケアに役立つ。

<ラベンダー>
・香りの特徴・・・さわやかなフローラル感とフレッシュでフルーティー
・効果・・・ストレスをやわらげ質の良い眠りとすっきりとした目覚めが期待できる。副交感神経が優位になりPMS(月経前症候群)にも効果的。
・美容・・・細胞の活性化や抗炎症作用に期待できスキンケアに使われてきた。

まとめ

リラクゼーション

①卵巣でつくられる女性ホルモンは代表的なエストロゲンとプロゲステロンの二種類があり、これらのバランスが崩れることによりイライラやPMS(月経前症候群)、更年期障害など女性特有のトラブルがあらわれる。
②嗅覚を通じて香りの情報を電気信号にかえ脳に働きかける事により、「ホメオスタシス」に影響を与える。
③ゼラニウム、ローズオットー、ラベンダーの精油の香りが女性ホルモンには効果的。

 

いかがでしたか?女性ホルモンのバランスを整えるとメリットが沢山ありましたよね!これであなたも女性ホルモン美人!!
アロマディフューザーやハンカチ、ティッシュ等にたらして使用したり、アロマバスにして使用したり使い方はさまざまです。ご自分に合った方法で心地よい香りとともに女性らしく穏やかなアロマライフをご堪能ください。

 

“アロマリヤスパ aromariyaspa”のLINE@はじめました!
お得な情報をお届けしますので、下記のリンクから友だち追加してみてください。
ご予約、お問合せもお気軽にメッセージ下さい☆
https://line.me/R/ti/p/%40wez6756b

産後ママのためのリラクゼーションサロン「アロマリヤスパ」ではアロマトリートメントや骨盤矯正メニューがあります。
メニューはこちらからご覧ください。

アロマの香りでモテ女子に!女性ホルモンにおすすめの精油3つをご紹介!” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。